【エコバックス】DEEBOT N8+を使って驚き!その結果は…!【使ってみた編】

Amazon購入商品

我が家はものが多くこたつも出しているのでずっと、
ロボット掃除機の購入を躊躇していたのだが

先日すでに終了してしまったが、Amazonセール中は
2万円近くも値引きされるということもあり、万を持して購入してみました。

購入からの設置、設定手順などはこちら。

【ロボット掃除機】DEEBOT N8+の設定は難しい?【購入~設定編】
我が家にもついてにロボット掃除機【DEEBOT N8+】を購入。Amazonブラックフライデーや大型セールでも目玉となる商品の一つです。2022年も11月25(金)~12月1日(木)までブラックフライデーが開催される予定です。おそ...

本記事は実際に物が多い家で使ってみてどうだったか。

物が多い家でも買う価値はあるのかがわかります。

掃除性能は?【画像あり】

今回レビューするのは【エコバックス】【DEEBOT N8+】

【自動ゴミ収集】ECOVACS(エコバックス)DEEBOT N8+ ロボット掃除機 マッピング 水拭き対応 強力吸引 お掃除ロボット 薄型&静音設計 自動充電 落下防止 Wi-Fi接続 Alexa対応 フローリング/畳/カーペット掃除 Amazon.co.jp限定 1年メーカー保証

掃除性能については、個人的な感想になるがはっきりいって申し分ないと思う。


個人的といったのは、もし毎日掃除機をわりと隅々までかける、という方からすると、すこしだけ物足りない可能性があるからだ。

それでも普段はこちらを使い、時間のあるときだけ、本格的に掃除機をかけるといった
使い方ができるので便利なことにかわりはない。

このような書き方をすると掃除性能があまいのでは、と思われるかもしれないが
吸い残してゴミが落ちているなんてことはないから安心してほしい。

ぶつかることなく、壁ギリギリまで寄りブラシでゴミを集めるので取り残しがほぼない。

我が家では床が明るい色のため落ちた髪の毛などが目立ったが、こちらを使ってからそのようなことはまったくなくなった。

障害物はちゃんと避ける?【画像あり】

障害物感知はとても優秀だが、やはりコンセント類にはよわい…

ここは事前に調べてあったので想定通りだが、やはりコンセント類の配置には実際困っている。

携帯電話の充電ケーブルなど我が家ではそのへんに散乱していることがあるので
起動前にはテーブル上に避難させるなどで対応している。

巻き込んでしまうとどうなるか?
その場ですすめなくなってしまう為そこで掃除が中断されてしまうのです。

すこし、面倒ですがケーブルをまとめるなどして巻き込みにくい
環境をつくると掃除してくれる範囲が広がります。

これで吸い込まれない…!

ケーブルまとめるのにおすすめなのはこちら。

3M ワンタッチベルト 2巻パック 12.7mm×3m ブラック NC-2232R3-2P

普通の障害物、例えば椅子の足やごみ箱、ベッド下の足などはしっかりと回避し
その周りを掃除してくれるのでご安心を。

特に優秀かつ便利と感じたのがこのベッド下の掃除

わりと狭くてもしっかり掃除に向かってくれる。


うま~く、ベッドの足回りを回避しながらきれいに
してくれているのがわかる。

ベッドの足回りを避けつつも、しっかりと隅まで掃除してくれてるのがわかる。

クイックルワイパーや掃除機でも奥まで届かずに
ほこりがたまっていた部分があったので、これはありがたい。

ちなみに電気が消えてたりベッド下のような暗い場所でも
問題なし。

こたつ周りには使える?【画像あり】

今回絨毯のうえだと吸引力があがるタイプのものを購入したので
こたつの絨毯も掃除してもらう想定で購入したのですが
実際問題なかなか難しいかもしれません。

まずこたつ布団をあげないといけないのでその時点で若干手間です。
テーブル上に物があるとなおさらです。


そしてわたしの環境ですと、こたつ周りに充電ケーブルやコンセント類が混雑していますので
あきらめて、こたつ周りを侵入禁止エリアに設定することで対応しました。

赤く囲ってる部分が侵入禁止エリア設定、設定した部分は掃除しないようになる。

せっかくの自動掃除機。手間が増えるともともこもないので
このような使い方もありだと、思います。

一度侵入禁止エリアに設定すると大丈夫なので、楽チンです。

購入前に確認しておくこと2選

高額な買い物ですし、失敗しないためにも抑えておいたほうが良いことを2点あげてみました。

購入を検討している方はご自身の環境が適しているか

是非確認してみてください。

掃除させたい場所の高さを確認する【画像あり】

意外と頭の部分をいれると…

11cm前後あるので、

ベッド下やソファ下など普段掃除の手間がかかる

場所をお任せしようとしている場合は要確認です。

見にくくてごめんなさい…。

ケーブル類をまとめる方法やよける場所を確保する

先ほどご紹介したような、ケーブルをテープなどでまとめ、床にケーブル類がつかないようにする。

もしくは、ケーブル周辺を禁止エリアに設定しても支障はないか、

確認しておくのが良いかと思います。

以上2点は購入前に確認しておいたほうがよいかと思います。

購入して後悔したこと

ごめんなさい。
はっきりいって、ないんです。
故障してももう一度買います。それくらい満足しています。

最上位グレードですと、ケーブル類も感知してくれるようですが
値段も一気に跳ね上がりますので、コスパはかなり悪くなるように思います。


資金に余裕があるかたは
もちろん、上位グレードを買うに越したことはないですが、


ロボット掃除機デビューには【DEEBOT N8+】で必要十分です。

【自動ゴミ収集】ECOVACS(エコバックス)DEEBOT N8+ ロボット掃除機 マッピング 水拭き対応 強力吸引 お掃除ロボット 薄型&静音設計 自動充電 落下防止 Wi-Fi接続 Alexa対応 フローリング/畳/カーペット掃除 Amazon.co.jp限定 1年メーカー保証

まとめ

いかがだったでしょうか?
ロボット掃除機というものが発売された数年前は


掃除をスケジュール設定し、帰宅すると、よく段差でひっかかる、ひっくりかえっている。

途中で迷子になり充電が切れている。掃除機のかけなおしが必要など、そのへんも愛嬌があってかわいい。

なんて、言われていましたが、近年のロボット掃除機は進化が凄まじく、そのような心配は無用です。
生活を激変させることができます。

水拭き機能もついていますので
そちらも記事にしますので購入を考えているかたは見て下さると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました